速報!グラビア・芸能バズサイト

最新の芸能・女優・グラビア関連の話題の ニュース</br>バズった情報や特集をいち早くお届け!</br>最新芸能関係情報を発信する「速報!グラビア・芸能バズサイト」

    まとめ


    【おわた】「私は『くら寿司』をパワハラで提訴する」従業員から悲痛告発が続々


    「私は『くら寿司』をパワハラで提訴する」従業員から悲痛告発が続々【全文公開】
    …「10年以上勤めてきて、数々のパワハラを受けてきました。『死にたい』『消えたい』と思ったこともある。それでも会社に変わってほしくて交渉をしてきました。
    (出典:文春オンライン)


    くら寿司株式会社(くらずし、英: Kura Sushi, Inc.)は、大阪府堺市中区に本社を置く回転寿司チェーン。東証プライム上場(証券コード2695) 回転寿司チェーンストアの「無添くら寿司」を展開し、47都道府県全てに店舗を持つ。「無添くら寿司」の他、近畿圏に和食レストラン「無添蔵」や「くら天然魚市場」を展開。
    29キロバイト (3,757 語) - 2022年5月10日 (火) 13:53


    「10年以上勤めてきて、数々のパワハラを受けてきました。『死にたい』『消えたい』と思ったこともある。それでも会社に変わってほしくて交渉をしてきました。しかし結局、何一つ変わらなかった。私はくら寿司を提訴します」

     こう語るのは、大手寿司チェーン・くら寿司の現役従業員である。

    【【おわた】「私は『くら寿司』をパワハラで提訴する」従業員から悲痛告発が続々】の続きを読む


    母の日のプレゼントに【爆笑】


    「BBAへ ムスコより」 母の日のプレゼントがまさかの巨大花輪、もらったお母さんに感想を聞いた
     「BBAへ ムスコより」―――。Twitterに投稿された「母の日」のプレゼントがまさかの開店祝いに使われる花輪で、しかも、そこに書かれた言葉のイ…
    (出典:ねとらぼ)


    「BBAへ ムスコより」―――。Twitterに投稿された「母の日」のプレゼントがまさかの開店祝いに使われる花輪で、しかも、そこに書かれた言葉のインパクトが強すぎてネットで話題を集めています。

     写真を投稿したABEっちさんによると、この花輪が置かれていたのは宮城県加美町にあるお肉屋さん「有限会社 関精肉畜産」。プレゼントを贈ったのは、同社で専務を務める関裕人さんです。

     編集部が関さんのお母様にもらった感想を聞いたところ「『今年はこれで来たか』という感じ」というお返事。これまでにも段ボールの裏に感謝状を書いて渡されたり、着払いでカーネーションを送ってきたりと、ユニークなお祝いを受け取っていたそうです。

     そのため、今年のプレゼントには「ちょっとびっくりした」という程度。むしろ、客が驚いて写真を撮っていく様子に「こんなにびっくりすることなんだ」とびっくりしたそうです。

     ABEっちさんの投稿には、5月11日時点で24.5万件のいいねが付いており、ネットでは「パンチ効いてるプレゼントですね」「笑えました」「盛大に感謝したかったんだね」などというコメントが寄せられています。

    【母の日のプレゼントに【爆笑】】の続きを読む


    『ウマ娘』新作アニメ制作決定』←かっこ良すぎると話題


    『ウマ娘』4thイベント横浜公演DAY1リポート。新規出走組やメジロ家が大活躍する一方、尊みが過ぎる展開にトレーナーもデジたんも昇天寸前!
    …com/news/202205/04260576.html 『ウマ娘』新作アニメ制作決定。ナリタトップロード、アドマイヤベガ、テイエムオペラオーを中心にした新シリーズ…
    (出典:ファミ通.com)


    ウマ娘 プリティーダービー』(ウマむすめ プリティーダービー)は、Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリとPCゲーム、およびそれを中心としたメディアミックスコンテンツ。略称は『ウマ娘』。ジャンルは基本プレイ無料の育成シミュレーションゲームで、競走馬を擬人化したキャラクターである「ウマ娘
    230キロバイト (29,788 語) - 2022年5月3日 (火) 17:59


    人気コンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』の新作アニメが制作されることが決定した。テレビアニメとは異なる新シリーズの配信アニメとして制作されることが4日、神奈川・ぴあアリーナMMで開催された音楽イベント「ウマ娘 プリティーダービー 4th EVENT SPECIAL DREAMERS!!」横浜公演DAY1内で発表された。

     イベント内で公開された映像には、テイエムオペラオー、アドマイヤベガ、ナリタトップロードが登場し、「新作アニメーション制作決定」「TVアニメとは異なる新シリーズ配信アニメ制作決定!」と告知。

     テレビアニメとは異なるシリーズとして、クラシックの頂点を目指して「ナリタトップロード」「テイエムオペラオー」「アドマイヤベガ」などのウマ娘たちがぶつかり合う内容となり、彼女たちの活躍を描いたアニメ制作の発表に会場のファンを驚かせた。配信時期など詳細は後日発表される。

     『ウマ娘』は、スペシャルウィークやサイレンススズカ、ゴールドシップなど実在する競走馬をモチーフに美少女化し、ゲーム、漫画、アニメなど幅広い展開で人気を博すクロスメディアコンテンツ。テレビアニメ第1期が2018年4月~6月、第2期が2021年1月~3月に放送され、週刊ヤングジャンプではオグリキャップを主人公にした漫画が連載中。ゲームはSnow Manの佐久間大介など多くの有名人がプレイしており、テレビ番組などでも特集され“社会現象化”と紹介されている。

    【『ウマ娘』新作アニメ制作決定』←かっこ良すぎると話題】の続きを読む


    【女子ゴルフ】原英莉花が開放感あふれるポーズで魅了


    原英莉花が開放感あふれるポーズで魅了!“サクラ色のコーデ”でプロアマを盛り上げた
     「女子ゴルフ・ワールド・サロンパス・カップ」(5日開幕、茨城GC西C=パー72)  季節外れの“花見”に誘った。メジャー3勝目を目指す女子ゴルフ・…
    (出典:デイリースポーツ)


    英莉花(はら えりか、1999年2月15日 - )は、神奈川県横浜市出身の日本の女子プロゴルファーである。所属は日本通運。 湘南学院高等学校卒業。同高校在学中の2015年より2020年現在も尾崎将司に師事。 アマチュア時代の主な成績として、2016年「神奈川アマ」(ジュニア女子15~17歳の部
    12キロバイト (1,315 語) - 2022年1月1日 (土) 10:42


    「女子ゴルフ・ワールド・サロンパス・カップ」(5日開幕、茨城GC西C=パー72)

     季節外れの“花見”に誘った。メジャー3勝目を目指す女子ゴルフ・原英莉花(23)である。

     4日に茨城GCで行われた、ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカッププロアマトーナメントに、春らしい“サクラ色のコーデ”で出場。9番グリーンでアマチュアゴルファーの1人がロングパットを沈めると、右の拳を突き上げて大喜び。さらに18番グリーンではジャンプしながら右の拳を突き上げ、同組のプレーを全力で盛り上げた。

     記念撮影を終えると、カメラのレンズに向かって開放感あふれるポーズを披露し、周囲の視線をくぎ付けに。新緑が目にまぶしい、初夏を感じさせるゴルフコースを、サクラ色に染めた。

     出場した7戦でトップ20入りが一度もない今季のゴルフは、まだ五分咲きといったところか。本来の調子を取り戻し、得意とするメジャー大会で“満開宣言”といきたいところだ。

    【【女子ゴルフ】原英莉花が開放感あふれるポーズで魅了】の続きを読む


    【女子ゴルフ】西郷真央、史上最速8試合で1億円突破!


    西郷真央、勝てば史上最速8試合で1億円突破! 「メジャーは勝ちたい試合の一つ」/国内女子
    …で開催される。4日はプロアマ戦が行われ、前週優勝で今季出場7戦で4勝の西郷真央(20)=島津製作所=が出場し、最終調整。勝てば史上最速で年間獲得賞金1…
    (出典:サンケイスポーツ)


    ^ ジュニアゴルフアカデミー #44 西郷 真央(1) - YouTube ^ a b c 2015/02/22 & 2015/03/01 放送 西郷 真央 TOKYO MX-TV Junior Golf Academy ^ “女子高生プロ”西郷真央がミズノとの契約会見で意気込み 「偉大な先輩」からのサプライズに笑顔満開
    11キロバイト (1,263 語) - 2022年5月1日 (日) 10:34


    女子ゴルフの今季国内メジャー第1戦「ワールドレディスサロンパス杯」は5日から4日間、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開催される。4日はプロアマ戦が行われ、前週優勝で今季出場7戦で4勝の西郷真央(20)=島津製作所=が出場し、最終調整。勝てば史上最速で年間獲得賞金1億円を突破。成長した姿で、国内メジャー初制覇を狙う。

    今季出場7戦4勝。圧倒的な強さを誇る西郷の次の獲物は「国内メジャータイトル」だ。

    「(国内)メジャーは勝ちたい試合の一つ。より気持ちは強いので、全力で頑張りたい」

    会場の茨城GC西Cには月曜日に入り、入念にコースをチェック。攻略の鍵はティーショットの精度だ。「距離が長くて、ラフが長い。ティーショットでしっかりフェアウエーをとらえたい」。練習場ではアイアンのハーフショットを何度も行い、方向を確認。その後すぐにドライバーを握り、手に残る指の感覚とフェースの感覚を合わせる練習を行った。「許容範囲内には上がってきている」と手応えを口にした。

    さらに精神面でも成長を実感。昨年のこの大会は2位から出た最終日に「(優勝を)意識しすぎて、から回ってしまっていた」と、75をたたき10位。それから1年。「(パットで)結果にとらわれがちになるときに、自分の頭の中で『入れたいからこそ集中しよう』としゃべるようになった」と、自身と向き合う力もついた。

    今季は出場7戦すべてでトップ10入り。獲得賞金は約8100万円に達した。今大会の優勝賞金は2400万円で、勝てば出場8試合(開催10試合)でシーズン1億円を突破する。これまで鈴木愛が持っていた出場11試合を更新する最速到達となる。

    師匠である尾崎将司(75)には前週の優勝後報告には行けていない。「ジャンボさんからの課題は『メジャー優勝頑張れよ』。結果が出たら報告したい」。優勝候補筆頭の20歳が虎視眈々と頂点を狙う。(高橋朝香)

    【データBOX】西郷が優勝すればシーズン開幕から出場8試合で年間獲得賞金が1億円を突破する。これまで2018年に鈴木愛が記録した出場11試合を超える最速到達となる。開催試合数でも開幕から10試合での到達となり、15年のイ・ボミ、18年の鈴木愛、20―21年統合の小祝さくらの17試合を上回る早さ。


    【【女子ゴルフ】西郷真央、史上最速8試合で1億円突破!】の続きを読む

    このページのトップヘ