速報!グラビア・芸能バズサイト

最新の芸能・女優・グラビア関連の話題の ニュース</br>バズった情報や特集をいち早くお届け!</br>最新芸能関係情報を発信する「速報!グラビア・芸能バズサイト」

    芸能


    女優の新山千春が、年下の一般男性と結婚を視野に真剣交際

    1 muffin ★ :2022/04/11(月) 17:18:08 ID:CAP_USER9.net

    https://hochi.news/articles/20220411-OHT1T51027.html?page=1

    女優の新山千春が、年下の一般男性と結婚を視野に真剣交際していることが、11日までに明らかになった。新山の所属事務所が「交際は事実です」と認めた。

    関係者によると、男性とはマッチングアプリを通じて知り合い、交際に発展。お相手は2020年に開設した新山のYouTubeチャンネル「CHIHA ROOM」の編集にも参加し、頻繁に顔を合わせているようだ。今月20日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!? TV」(水曜・後9時)で、交際相手について語っているという。

    新山は2004年に当時巨人で現在西武コーチの黒田哲史氏と結婚。06年7月に長女・もあさんを授かったが、14年12月に離婚した。

    今月10日には、新山は自身のインスタグラムで、もあさんの高校入学式ショットを公開。別の関係者によると、高校進学で子育てが一段落したことや、もあさんの交際への後押しもあったという。


    (出典 i.imgur.com)


    関連
    【芸能】新山千春 20代一般男性と真剣交際!再婚も視野 出会いはマッチングアプリ!交際3年で半同棲に近い状態 (スポニチ) [湛然★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1649621484/


    【【芸能】新山千春(41)マッチングアプリ使用していた【画像】】の続きを読む


    高木 紗友希(たかぎ さゆき、1997年4月21日 - )は、日本の実業家、YouTuber、元歌手、元アイドルであり、『株式会社あのね』の社長。また、ハロー!プロジェクトに所属する女性アイドルグループJuice=Juiceの元メンバー。2019年6月18日からグループの脱退(後述)までは、サブリー
    25キロバイト (2,902 語) - 2022年4月13日 (水) 10:36
    ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juiceの元メンバー・高木紗友希(24)が11日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿し、「株式会社あのね」を立ち上げ社長となったことを報告した。

    【■ 高木紗友希 ■ YouTube Live で社長宣言【画像】】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/09(土) 23:28:39 ID:CAP_USER9.net

    4/9(土) 20:34配信
    スポーツ報知

     歌手の松田聖子が9日、東京・グランドプリンスホテル新高輪でプレミアムディナーショーを開催し、112日ぶりにステージ復帰した。女優で歌手のまな娘・神田沙也加さん(享年35)が急死した昨年12月18日に、同会場でクリスマスディナーショーを行って以来のステージ。ファンの前に姿を見せたのも沙也加さんが亡くなった後、初めてとなった。

     ステージ冒頭、「あなたに逢いたくて~Missing You~」「SWEET MEMORIES」を歌い終えた聖子は「私の娘は去年12月18日に、天国へ旅立ちました。あまりにも突然のことで、現実を受け止めることがとても難しくて、今でも正直、信じられない気持ちでおります」と声を絞り出した。

     沙也加さんが子どものころからおもちゃのマイクを持って、聖子の持ち歌「Rock’n Rouge」を歌っていたエピソードを明かし「私は沙也加の歌声が大好きでした…。今も彼女の歌声は私の心の中に響いています」と語ると涙声に。「この先も頑張って、沙也加と歌って参ります」と声を震わせると、会場からもすすり泣きの声が聞こえた。

     3曲目にセレクトしたのは坂本九さんの「上を向いて歩こう」。2011年の大みそか、沙也加さんと紅白歌合戦で初めて母娘共演した際に披露した思い出の楽曲。歌唱時には左手で口を覆い、涙で歌えなくなる場面も。思い出の歌詞をつむぎながら何度も涙をぬぐった。

     昨年末、突然の悲報に接した聖子は、東京(19日)、大阪(23~26日)でのクリスマスディナーショーを中止し、札幌市内へと飛んだ。亡きがらとなったまな娘と対面。荼毘(だび)に付された後、元夫の俳優・神田正輝(71)と共に報道陣の前でコメントし、気丈に振る舞った。同25日にはNHK紅白歌合戦への出場辞退を発表。予定されていた仕事のスケジュールを全てキャンセルし、その後、4か月近く、表舞台に立つことはなかった。

     すでに聖子は、6月11日の埼玉・さいたまスーパーアリーナから全国アリーナツアー(8月28日まで5都市8公演)を行うことが発表されている。一歩ずつ、それが半歩ずつであっても、前に進んでいく選択をした。沙也加さんが何よりも愛した歌の道。天国のまな娘との思い出を胸に、聖子はこれからも、上を向いて歩いていく。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/137912d5f807e7bde8ffc64900db27ec91ae9d2f


    【【芸能】松田聖子、復帰ステージで涙【画像】】の続きを読む


    宇多田ヒカル、コーチェラ・フェスでパフォーマンスで絶賛【画像】


    宇多田ヒカル

    宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年〈昭和58年〉1月19日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。本名:宇多田 光(読み同じ)。音楽プロデューサーの父・宇多田照實と、歌手の母・藤圭子の下、アメリカ合衆国ニューヨークで生まれた。所属芸能事務所はU3

    宇多田 ヒカル
    Utada Hikaru.jpg
    『UTADA UNITED 2006』での宇多田ヒカル
    基本情報
    出生名 宇多田 光[1]
    別名 Hikaru Utada
    生誕 (1983-01-19) 1983年1月19日(39歳)
    出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
    ニューヨーク州ニューヨーク
    学歴 コロンビア大学
    ジャンル
    • J-POP[2]
    • R&B[3]
    • オルタナティヴ・ロック[2]
    • インディー・ロック[2]
    • コンテンポラリー・ポップ[2]
    • ダンス・ポップ[2]
    • クラブ[2]
    職業
    • 歌手
    • シンガーソングライター
    • 編曲家
    • 音楽プロデューサー
    担当楽器
    • ボーカル
    • ピアノ
    • キーボード
    • ギター
    活動期間
    • 1998年 - 2010年
    • 2016年 -
    レーベル
    • EMIミュージック・ジャパン
    • Virgin Records
    • エピック
    事務所 U3MUSIC
    共同作業者 小袋成彬、スティーヴ・フィッツモーリス、A. G. Cook(英語版)
    公式サイト Hikaru Utada Official Website
    宇多田ヒカル
    YouTube
    チャンネル
    • Hikaru Utada
    活動期間 2010年11月9日[4] -
    ジャンル 音楽
    登録者数 163万人
    総再生回数 7億5364万7076回
    チャンネル登録者数、総再生回数は2022年3月19日時点。


    EP『Head In The Clouds Forever』は4月17日配信スタート
    2月に発売したオリジナルアルバム『BADモード』が国内外で高い評価を受けている宇多田ヒカル。

    【宇多田ヒカル、コーチェラ・フェスでパフォーマンスで絶賛【画像】】の続きを読む


    『安野モヨコ』についてTwitterの反応


    安野モヨコ

    安野 モヨコ(あんの もよこ、1971年3月26日 - )は、日本の漫画家。株式会社カラー取締役。東京都杉並区出身、多摩市育ち。血液型O型。関東高校(現・聖徳学園高校)卒業。別名義に安野 百葉子(読み同じ)。 夫は映画監督の庵野秀明。同じ漫画家の小島功は伯父にあたる。

    安野 モヨコ
    (あんの もよこ)
    本名 非公開
    生誕 (1971-03-26) 1971年3月26日(51歳)
    東京都杉並区
    (多摩市育ち)
    職業 漫画家
    活動期間 1989年 -
    ジャンル 少女漫画
    女性漫画
    青年漫画
    代表作 『シュガシュガルーン』
    『ハッピー・マニア』
    『さくらん』
    『働きマン』
    受賞 第29回講談社漫画賞児童部門(『シュガシュガルーン』)
    第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『鼻下長紳士回顧録』)
    公式サイト 安野モヨコ Official Site
    オフィシャルフェイスブック



    【『安野モヨコ』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ